赤ちゃんの発熱

未分類

ふだんから時間帯ごとの平熱を測って、発熱に対処しましょう。

4つの時間帯の平熱を測る

お子さんの体温が37℃を超えると、もう心配するお母さんがいらっしゃいます。しかし、熱が出た程度を判断するには、その人の平熱を知らなければわかりません。つまり同じ37.5℃の熱が出たとしても、平熱が36.5℃の人の場合は平熱より1℃高いのですが、平熱が37.2℃の人では0.3℃しか高くなっていないということになります。ふだんから平熱を測っていれば、どの程度の発熱かがわかって、迷うことはありませんね。

関連記事一覧